<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

箱根。

c0156703_8234260.jpg




 風の冷たい、晩秋の箱根。
       
        紅葉はもう終わり頃、枯葉が舞ってました~。

そこで、Autumn Leaves 。 いろんな曲がありますが、どんな枯葉が好きですか~?




ソロピアノ・・・・・McCoy Tyner 。









ピアノトリオ・・・・・Eddie Higgins Trio 。









私はこの曲が好き~です・・・・・Wynton Kelly Trio 。



[PR]
by hanapiano | 2010-11-29 08:32

わんこ。

c0156703_1343106.jpg

[PR]
by hanapiano | 2010-11-27 13:43

コットンクラブ。

c0156703_735953.jpg



名曲を数多く生みだしたアメリカ音楽界の伝説デューク・エリントン。

そのエリントンの遺志を継承し、生誕110周年を迎えた現在も

ビッグバンドの最高峰として活躍するデューク・エリントン・オーケストラ。

東京 丸の内、「コットンクラブ」 誕生5周年を祝う、盛大なるステージ。



・・・(ちなみに今回のチケットは、ある諸事情により、招待していただいたものです。)




   


デューク・エリントン・オーケストラのエキサイティングなライブ。ただただ楽しい~!

とくに、「Cjamブルース」でのボーカルと色んな管楽器とのアドリブの掛け合い、

ボーカルの音を、反復するような管楽器のフレーズが、とてもかっこいい~!!!

Cのブルース、以前やったので、私も口ずさんでちょっとだけアドリブ参加~なんて~(笑)


  

・・・ドンペリからはじまり、食事、音楽、雰囲気など、お洒落に酔いしれた~、大人の夜でした~。
[PR]
by hanapiano | 2010-11-25 08:15

ラウンジの夜。

c0156703_721378.jpg


地元ホテルのバーラウンジの夜、ピアノのエンターテイメントなステージ。

      彼女のソロは、テクニック、リズム感、まさに凄腕~~~!

             ジャズだけでなく、ポップスなど、どの曲も彼女の熱い思いが伝わってくる。




ピアノは365日、一日も休まず、一日何時間も弾いているという彼女。

そのお話を聞いた私は、「まるで、イチローみたいですね~。」と、言ったら、

彼女は 「ピアノに触っていること、感触がなにより好きだから~。」 とおっしゃってました。

・・・ピアノを弾く彼女の後ろ姿、体全体から音楽への情熱があふれていて、

  そんなエネルギッシュな演奏に、明日への活力(笑)、元気もらいました~。
[PR]
by hanapiano | 2010-11-20 08:21

Things Ain't What They Used To Be


「今度、セッションにでも行って来てください~。

   経験を積んで(恥をかいて)、だんだん上手になるものですよ~。」 と師匠。


「ええっ~。ムリムリムリ~~(若い子のように)。

   もっと、もっと、もっと、修行しなくては~~~~~」 と私。





・・・・・・・さて、これから、どうする?~~~どうなる?~~~どうしよう~~?




そんなプレッシャーがない頃はよかった・・・

そう、「昔は良かったね!」という曲がありました。ね。




[PR]
by hanapiano | 2010-11-11 22:31

癒しの音楽。


親戚のお姉さんが所属している、地元のマンドリンクラブの演奏会がありました。

彼女はクラシックギター担当。久しぶりに聞く、まっすぐで、とても穏やかな音たち。

普段聞いてる、ジャズは、一ひねりある、真っ当な~(笑)な音ではないので・・・

なにか、気持ちが洗われるような音にうっとり~。癒しの午後のひととき、ありがとう~。




リクエスト曲はE.エルガーの愛の挨拶。 アンコール曲はいきものがたりのありがとう。でした。









[PR]
by hanapiano | 2010-11-09 09:14

凄すぎるう~。


「今度、キューバに行きます」 と、あるジャズピアニストさんから一通のメールが。



早速、彼女に連絡してみたら、な、なんと・・・・

今年、ブルーノートで、ラテン・ジャズで人気を博すミシェル・カミロさんと共演した、

キューバの超絶技巧ピアニスト、チューチョ・ヴァルデスさんにピアノを習いに行くというのだ。

(現地で、レコーディングでもするとか)



「ええ~?本当に~?・・・・す、すごすぎるう~~~・・・・・」








~~~

打楽器のようにピアノを連打するミ彼女のピアノは圧巻!まるで和製ミシェル・カミロ。

わが町にもこんな凄いピアニストさんがいたのか。と本当に驚いたのですが。

・・・きっと、色々な面でグローバルで力強いプレイヤーになって、戻ってくるのだろうな~。






電話の最後に彼女から、

「お互いにがんばりましょう~」って言われても言葉が出ない。


・・・あの~ラベル、いえ、レベルが、私とでは、天と地ほど、違うんですけど~・・・(赤面)
[PR]
by hanapiano | 2010-11-05 16:15

フツーのおばさんのjazzpiano  


by hanapiano
プロフィールを見る
画像一覧